淨覚寺について

 

無量寿山 淨覚寺(じょうかくじ)は、朝倉市秋月にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)のお寺です。
秋月藩初代黒田長興公の家臣渡辺長左右衛門繁成は、嘉摩郡大力村(現嘉麻市嘉穂町)に住んでいた浪人である。長興公が秋月に入部した際新たに召し抱えられ、経済のことに詳しかったので、藩の重役をこなしていた。財務に明るく、吝かでなく、広く貧民を救い、新たに寺院を数カ所造営した。
その後、隠居して休安といった。昔この辺り(秋月)に依教寺という阿弥陀堂があったが、宗派もはっきりせず住職も居なかったので、休安は京都の本願寺に願い出て末寺(1641年)とした。
そこから、この休安を開祖とし、椎木村の浄円寺から二男を迎えて二世とした。
寺号を瑞峯山依教寺と称した。のちに、秋月藩二代藩主長重公(1659〜1710)から歌を一首拝領し、一向門徒が依教寺に集まって披露された。


 ー 諸々の
    雑行雑思
      振りてて
     淨く覚なむ
       夢の世の中 ー


この歌の「淨く覚なむ」から寺号「淨覚寺」となる。

 


宗派:浄土真宗本願寺派(西本願寺)
寺号:無量寿山 淨覚寺
住所:福岡県朝倉市秋月711
TEL:0946-25-0507 / FAX:0946-25-0544
URL:http://www.jokakuji.net/
Mail:[お問合わせ]をご利用ください